Huluの作品数は少ない?netflixと比較してみた

動画配信サービスはたくさんあってわかりにくい!」そんなふうに悩んでいるなら、作品数の違いで比較してみませんか?

 

Huluの全作品数と、ドラマ・映画・アニメなど各作品数も調べてみました。また、netflixなどほか動画配信サービスとの作品数の違いも紹介します。

 

Hulu作品数一覧

Hulu作品数

 

まずはHuluの作品数一覧の紹介からです。Huluを見たいという人でも、アニメが見たい人もいれば海外ドラマ狙いの人もいるでしょう。それぞれ独自に調査してみました。

 

全作品数 50,000本以上
アニメ 162種類
国内ドラマ 961種類
海外ドラマ 349種類
邦画 1180本
洋画 504本
※2019年5月現在

 

全作品数

Huluで公開されている作品数は、公式サイトのヘルプセンターに情報が掲載されていました。

 

現在50,000本以上の作品を配信しています。

出典:Huluヘルプ

 

アニメ

Huluのアニメ数を「すべてのアニメ」から調べてみると、162種類でした。この中には映画やテレビ作品もあります。(2019年5月現在)

 

テレビ作品の場合は1種類で数十話が配信されているものもあるので、作品数に換算すればもっと多いことになります。

 

Huluで配信されているアニメ作品で期間限定作品数は少ないようです。スタジオポノックの作品や、アンパンマン、映画作品などは短期間で終了するものもありました。

 

国内ドラマ

Huluで配信されている「すべての国内ドラマ・TV」で作品数を調べてみると、961種類ありました。(2019年5月現在)

 

931種類の中には、日本ドラマ以外にもTV番組もあります。全体的に見てもTV番組よりドラマの作品が多めです。

 

Huluで配信されている日本ドラマは、新しい作品もあれば、期間限定で配信が終了するものもあります。Huluの国内ドラマはシーズンごとにどんどん新しい作品が登場するので、約1,000作品近くが一度に楽しめると考えておくとよいでしょう。

 

海外ドラマ

Huluで配信されている「すべての海外ドラマ・TV」一覧から、作品数を調べてみると、349種類ありました。(2019年5月現在)

 

349種類の中には、ドキュメンタリーやリアリティショーも含まれています。「海外ドラマ・TV」全体の作品数の中でドラマが多くを占めている状態です。

 

また、この中にはリトルマーメイドやミッフィーなど、海外アニメも含まれています。日本のドラマと比べて海外ドラマは1作品で数十シーズンのものもあるので、全作品数で数えればもっとあるのではないでしょうか。

 

邦画

Huluで配信中の「すべての邦画」から作品数を調べてみると、1180作品ありました。(2019年5月現在)

 

Huluでは昭和初期に映画公開されたようなレアな作品もあります。最新作は少なめですが、数年前に映画公開された作品もあるので楽しめると思います。

 

洋画

Huluで配信中の「すべての洋画」から作品数を調べてみました。すると504作品ありました。(2015年5月現在)

 

Huluは海外作品に強いと思っていましたが、実際に作品数を調べてみると、邦画の数より負けるようです。Huluの洋画は新作が少なめで、期間限定作品もあります。

 

Huluとnetflixの作品数の比較

Hulu作品数

 

次はHuluとnetflixの作品数を調べてみました。どちらも見放題動画配信サービスのため、よく比較されることがあります。

 

作品数の違い

Hulu公式サイトによると50,000本以上なのに対し、netflixは公式サイトで正確な作品数を公開していませんでした。netflixは数千本程度だと予想されています。

 

ジャンルの違い

Huluは国内ドラマ・TV、海外ドラマ・TV、アニメ、音楽、リアルタイム配信があります。一方でnetflixは国内と海外の映画やドラマ、アニメ、ドキュメンタリーとジャンルが少ないです。

 

料金の比較

Huluの料金は933円で、netflixベーシック800円・スタンダード1,200円です。料金で比較すると大きく変わりません。ただし、netflixの高画質配信となると月々1,800円になります。

 

本拠地の比較

Huluはアメリカで、netflixもアメリカから始まったサービスです。日本初の動画配信サービスがHuluで2011年開始、netflixは2015年開始のため新しいサービスだといえます。

 

Huluは日テレ系のサービスに変わったことで、日本のドラマや映画に強くなりました。その点が、netflixとは違う点です。Huluの作品数を見てみても、2019年現在では海外ドラマや映画より、日本のドラマや邦画のほうが、作品数が多くなっています。

 

Huluとほか動画配信サービス作品数の比較

Hulu作品数

 

動画配信サービスを比較する場合、作品数の多さで比べたい方も多いでしょう。できるだけ多くの作品を毎月定額で見たい方は、作品数が多いサービスを選んでください。

サービス名 作品数 見放題 料金
Hulu 5万本以上 933円
netflix 数千本 800円・1,200円・1,800円
dtv 12本以上 有料課金あり 500円
Amazon 2.7万本 有料課金あり 年間4,900円
U-NEXT 14万本 見放題9万本、レンタル5万本 1,990円

 

dtv

dtvの公式サイトによると、12万以上の作品があるとされています。この数は国内で1位となっていて、dtvは作品数で選ばれているようです。

 

dtvの作品数が多い理由は、カラオケ、漫画などの作品も含まれるためです。月額費用が500円と安いので、お試し感覚で加入できます。

 

ただし、「Huluと比べて映画やドラマの作品が多いのか?」「見たい作品があるのか?」はしっかり比較する必要がありそうです。

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの作品数は、2.7万作品です。Amazonプライムのサービスのひとつのため、映画やドラマの視聴だけでなく、さまざまなサービスが利用できます。

 

年会費は4,900円で、月々に換算すると500円です。Amazonプライムに入ると、お急ぎ便、プライムミュージックも使い放題になります。

 

U-NEXT

U-NEXTの作品数は、14万本で見放題作品が9万本、レンタルが5万本です。しかし、月額料金が1,990円とやや高めとなっているので、幅広い人向けではありません。

 

Huluと違いU-NEXTは日本系の企業のサービスで、電子書籍や有料作品もあるのがポイントです。1アカウントで4人まで登録可能なので、家族が多い方はお得になります。

 

Huluの作品数に対する口コミ

 

 

 

まとめ:Huluは作品数が多め

動画配信サービスの中で作品数を比較してみると、Huluは比較的作品数が多い部類です。dtvは作品数が多いのですが電子書籍も含まれるので、映画やドラマの数値がわかりにくくなっています。

 

U-NEXTも作品数の多さで選びたいサービスです。ただし月額料金が他社の2倍近くと高いので、複数人で一度に活用する家庭におすすめします。

 

Huluの作品数は調べてみたら、日本のドラマや邦画が多いようです。海外ドラマや洋画に強いと思っていましたが、日テレ系になったことで日本の作品やアニメが増えています。

 

最終的には作品数の多さではなく、「見たい作品があるのか?」で比較してみましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加