ADSLが遅いのは無線LANが原因かも?

ADSLが遅いのは無線LANが原因かも?

 

もしかしたらネットの速度が遅いのは、無線LANルータの問題かもしれませんよ。
我が家では色々な対策をしたことによって、1階のネット接続は速くなりました。
しかし、その一方で2階にあるパソコンの速度がかなり遅いというのです。

 

ネットが途中で切れてしまう

場合によってはネットにすら接続されない

 

このような状況ではネット回線を引いている意味が無くなってしまいますから、WiMAXのようなモバイルルーターも考えましたが、とりあえずできることからはじめてみようと思いました。

 

無線LANルータが悪いなら、有線で接続すれば解決するはず・・・
2階にあるパソコンを1階に持ってきて有線で繋いだ所、速いではないですか!
どうやら2階には無線LANルータから電波がちゃんと届いていないみたいなのです。

 

無線LANは1階と2階では利用しにくい

無線LANの電波は壁で弱くなってしまう

 

どうやら調べてみると、無線にすることで壁で電波が弱くなってしまい、1階にある無線LANルータから出る電波がちゃんと2階まで届いていないみたいなのです。
パソコンのネット接続のアイコンをクリックしてみて、電波がどのくらい着ているのかを確かめましょう。
ちなみに私のパソコンは有線LANしか接続しなく、無線LAN機能は元々パソコンに付いていない為、ワイヤレスネットワーク接続は表示されていません。
無線LAN機能があるなら通常はインターネットアクセスの下に、ワイヤレスネットワークで接続できる電波状況が確認できます。

 

 

これは隣近所からきているネットの電波とかも拾ってしまうので、幾つか表示されます。

無線LANが原因だとわかったら次にすること

無線LANルータが原因だとわかったら

 

無線LANルータの電波状況が悪いと分かったら、次に対策をしましょう。
無線LANルータによっても、周りの家電製品の電波に影響されやすい物もありますし、逆に影響されず使用できる商品もあるようなのです。
古い規格の商品を未だに使っていると、IHや電話の子機などに影響されてしまうようです。

 

我が家では2.4GHzのようで、家電製品の影響を受けやすい無線LANルータだったようです。
今では5GHzの規格の商品が登場しているため、無線LANルータを買い替えてみるのも一つの方法です。
我が家ではモロ、IHの真正面に無線LANルータを設置して隣り合っているため、調理をするたびに電波の影響を受けていたのでしょうね。

 

最新の無線LANルータだと色々な周波数を使えて切り換える事ができる商品も売られていることがあるので、状況に合わせて利用するのも一つの方法です。

宅内配線を自分でやってみる方法もあります

宅内配線をやってみるという方法もありです。

 

業者に頼むと3万円とか4万円とか値段がするようなのですが、宅内LAN配線は自分でもできるそうですよ。
我が家では新築時に宅内LAN配線をするかどうか聞かれたのですが、そのときはあまり必要性は感じなかったため、とりあえず穴だけ付けてもらって、後で自分で設置できる方向性にしました。
住宅メーカーの人の話では、自分でもできますよ、と言う事だったので・・・

 

LANケーブルとハブ、コンセントケースに穴が開いているものが必要な事がわかりました。
また、コンセントにつけるLANジャックというものも用意しなければなりません。

 

しかし、コンセント部分に管が通っているとはいえ、どうやってLANケーブルを引くのかが問題となってしまいました。
最初にいきなりLANケーブルを通すのは難しいようなので、ハリガネのようなものを通してから、それを利用しケーブルを引っ張り出す事だけはわかりました。
実際に試した様子は次回に更新したいと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加