NTTがADSL終了で、Yahooはどうなる?

ADSLが遅い人用ネット回線を先に見る↓↓

 

以前から「ADSLは将来廃止になるだろう」といわれていました。私も実際に、電話でのセールスで、「将来ADSLは廃止になるから、今のうちにソフトバンクAirに乗り換えませんか?」とも言われたことがありました。そのためいつかは各社のADSLも縮小傾向にあるのだと思っていました。

 

フレッツのADSLが終了

ADSL終了
「ADSL終了」と検索している人は、フレッツADSLが終了することを心配されているのでしょう。今後はなぜADSL自体が終了していくのか確認しておいてください。

 

フレッツADSL終了時期とは?

すでにADSLのサービスの受け付け終了を発表しているのが、NTTです。NTT西日本、NTT東日本も新規受け付けを終了しています。OCN ADSLセットについては、2017年3月31日をもちまして、サービスを終了となりました。

 

ちなみに、フレッツADSLは、2016年6月で新規受け付け終了をしています。フレッツADSL自体の終了時期は、2023年1月23日です。

 

2016年6月30日(木)をもって「フレッツ光」の提供エリアにおいて、「フレッツ・ADSL」の新規申し込み受付を終了いたしました。

ただし、2016年7月1日(金)以降に「フレッツ光」を提供するエリアにおいては提供開始年度の翌年度まで、2021年4月1日(木)以降に「フレッツ光」を提供するエリアについてはサービス提供終了まで、新規申し込みを受付いたします。
出典:https://flets.com/adsl/

 

NTTがADSLサービスの提供を終了させた後の代替プランには次のものが提供されています。

 

  • OCN光
  • OCN光2段階定額
  • OCNモバイルONE

 

OCN光に変えると一戸建てで4,300円、マンションで3,100円かかります。それより安い価格でネット回線を利用したい方向けとして、OCN2段階定額の一戸建て3,100円があります。最高で月額4,800円となるため、ネット回線の使用量が少ない人に向いています。

 

モバイルONEとはいわゆる格安SIMのことです。NTTドコモ回線を使い、月々の費用は2,300円で利用できます。
※料金はすべて税抜き

 

フレッツADSLの受け付けが終了した理由

ADSLが終了といわれているのには理由があります。

 

  • 光回線を使う家庭が増えている
  • モバイル通信も選択肢に入れられる
  • 固定回線で遅いADSLは使いものにならない

 

今では光回線を引いている家庭も増えていて、単身家庭ならモバイル通信でもいいわけです。家庭のみでネットを使う人は減っていて、家でも外でも使えるモバイル通信は使い勝手がいいです。

 

その代わり、家庭でのみ使えるADSLは速度が遅く、動画を見るとしょっちゅう止まる、Huluを見ても回線が落ちる、何てトラブルも多くあります。今では安いだけの理由で、ADSLを利用する人が減ってきているわけです。

 

ADSL契約数は減少傾向に

総務省の発表によると、2015年で光を利用している件数は2,660万件あるのに対し、ADSLの件数は375万件しかありません。

 

ADSL設備が維持できない

ADSL維持に必要な設備は、一部で生産を終了しています。そのため、今後ADSLの設備機器を一新することは難しく、古くなればそのままADSLを終えるしかありません。

 

2025年問題

2025年問題といわれるのは、アナログ電話回線の廃止のことです。固定回線でも使っているアナログ回線は、ADSL回線としても使用しています。

 

そのため、2025年以降は実質的にADSLの存続が難しくなるでしょう。電話回線も光回線を使ったIP回線へと変わっていくこととなります。

 

Yahoo!ADSLも受付終了

ADSL終了
ADSL回線を提供しているのはソフトバンクだけです。ソフトバンクは設備の老朽化にともない、サービスを継続していくのが難しいとしています。

 

ソフトバンクが使用しているADSL回線は、旧ACCAネットワークスが提供していたものです。

 

現在ADSLを提供する業者がほとんどみられないのは、ソフトバンクが他ADSL業者を吸収してしまっているのも原因です。旧ACCAネットワークスもソフトバンク系となり、OCNにADSL回線を提供していたわけですが、ソフトバンクでADSL回線を独占販売状態となっています。

 

Yahoo!BB ADSLの受け付けは2月末まで

ついにYahoo!BB ADSLも新規受け付け終了を発表しました。新規受け付けの申込は、2019年2月28日までです。

 

現在Yahoo!BB ADSLを利用中の方は、そのままADSLサービスを使うことができます。現在のところはYahoo!BBでADSL利用中の方で、「ADSLが使えなくなる」との案内はありません。

 

そのため、現在Yahoo! ADSL契約中の方は、そのまま契約を続ければ、ADSLを使い続けられることになります。

 

2019年2月28日(木)をもちまして、「Yahoo! BB ADSL」などの各種ADSLサービスの新規お申し込み受付※1を終了させていただくことになりました。 なお、対象サービスをご利用中のお客さまならびに、受付終了日までに申し込みされたお客さまにおかれましては、引き続きサービスをご利用いただけます。

出典:https://www.softbank.jp/ybb/info/service/190115-001/

 

ADSL終了後はSoftbank AIRが選択肢に

ソフトバンクエアーとは、ルーターをコンセントにさすだけでネットが使えるサービスです。WiMAXのホームルーターと似たサービスだと思っておけばいいでしょう。

 

ソフトバンクエアーは、ADSLよりは早いけど光より遅いのが特徴です。WiMAXの速度と比較しても遅くなっているので、オンラインゲームを使う方にはおすすめできません。

 

その代わり「家でWEBの閲覧程度」なら十分活用できます。回線速度が遅くなってしまうのは、利用が集中する夜間で速度制限が出やすいためです。

 

ADSL終了で乗り換えは光?WiMAX?

ADSL終了
ADSLが完全に終了してしまえば、光回線やWiMAXが乗り換え対象となります。どちらもADSLと比べると料金が高くなるので、それぞれのメリットとデメリットを確認しておいてください。

 

ADSLから光に乗り換えの場合

光のメリット

  • ADSLよりも高速になる
  • スマホ割で割引がある

 

光のデメリット

  • ADSLの倍近くの料金になる
  • 工事費用がかかる
  • 光コラボ同士で乗り換えしにくい
  • 工事の立ち合いが必要

 

光回線の総評

ADSLから光回線に乗り換えると、今までの料金と比べ2倍ちかくになります。しかし、ADSLと比べて断然回線速度が速くなるので、HuluやYouTubeなどの動画をよく見る方や、オンラインゲームを楽しむ方は満足度が高いでしょう。

 

光に乗り換え先

  • NURU光
  • ドコモ光
  • au光
  • ソフトバング光
  • フレッツ光

 

携帯キャリアで割引が得られる

光に乗り換えるなら携帯キャリア等ブランドで契約すると、「スマホ割」が活用できます。たとえばSoftbank Airとソフトバンクスマホをセットで契約すると、ずっと通信料が割引されます。

 

auスマホでもau光とセットで契約すると、「auスマートバリュー」おり割引の対象となります。ドコモもドコモ光とセットの契約で割引となるので、携帯電話をキャリアで契約しているならチェックしておくことをおすすめします。

 

ADSLからWiMAXに乗り換えの場合

WiMAXのメリット

  • ADSLより少しだけ料金が高くなる程度
  • 届いたらすぐネットが使える
  • 開通工事が必要ない
  • モバイルなら外出先も使える
  • 引越し先でも持っていける
  • ADSLよりも多少高速になる

 

WiMAXのデメリット

  • ホームルーターは持ち出せない
  • 速度制限がかかる恐れがある

 

WiMAXの総評

WiMAXはモバイルルーターやホームルーターが届けばすぐにネットが使えます。工事も不要なため、「引越し先ですぐに使いたい」場合に便利です。

 

モバイルルーターなら持ち運ぶこともできるので、スマホのパケットを気にしなくてもよくなります。ホームルーターならADSL感覚で使えて、Wi-Fiも使えて便利です。

 

しかし、WiMAXでも無制限ではないプランもあるので、家庭でADSL代わりに使う場合はよくプランを比較する必要があります。オンラインゲームのように速度が必要な場合は、WiMAXだと物足りないと感じるかもしれません。

 

自宅での利用が多いならホームルーター

WiMAXでも家庭にルーターを設置する「ホームルーター」タイプの提供があります。ホームルーターは電波強度が高くなるので、家庭内に複数の機器を接続する場合でも使いやすいです。

 

外で使うことが多いならモバイルルーター

一人暮らしで家にいる時間が少ないなら、持ち運べるモバイルルーターを選びましょう。モバイルルーターがあれば、携帯電話のパケットが足りなくなったときにも対応できます。

 

格安SIMを使って通信料を格安にする

ADSL終了
家庭内で使用している通信料自体を節約したいなら、格安SIMとWiMAXの2回線を契約して、全体の通信料を節約する方法があります。

 

MVNOの格安SIMはLINEモバイルなら1,000円以下からでも契約が可能です。データプランなら1GBが月額500円でも活用できるので、WiMAXと2契約しても、ADSLと携帯キャリア契約をしていたときより総額が安くなります。

 

格安SIM月額500円+WiMAX3,696円=4,196円
キャリア携帯6,000円+Yahoo!BB1,750円=7,750円

 

WiMAXのようなモバイルルーターは、外出先でも家庭内でもネット接続ができます。外出先であまり電話をかけない、家庭内でネットサーフィン程度なら、格安SIMとWiMAXの2回線でも十分対応できます。

 

ADSL終了の際に伴う解約手続き

ADSL終了
ADSL終了にともない解約する場合は、ADSLを契約しているプロバイダの解約手続きをしなければなりません。この解約手続きが面倒で、光やWiMAXに変えていないという方もいると思いますので、解約方法を確認しておきましょう。

 

プロバイダを解約する

ADSLを契約しているプロバイダに「解約したいのですが」と申し出ましょう。それぞれのプロバイダによって解約方法が異なっています。

 

OCN 電話のみ0120-506506
So-net マイページより
ニフティ 公式サイトより
ビッグローブ 公式サイトより
Yahoo!BB 電話と公式サイト0800-111-820

 

プロバイダを解約してもNTTのフレッツADSL解約手続きが別途必要なプロバイダがあります。ADSLプロバイダの解約手続きをした際に詳しく案内してくれるので、よく説明を聞いておくようにしましょう。

 

NTTのフレッツADSLの解約手続きが必要な場合は、下記の電話番号で受け付けています。

0120-116-116

 

モデムや周辺機器を

ADSLの解約手続きが終わったら、モデムや周辺機器の返却が必要です。レンタル品を返却しないと違約金が発生する可能性もあるので注意しましょう。

 

プロバイダによっては、自分で梱包して指定の送り先に返送する場合もあれば、プロバイダ側が配送業者を手配してくれて周辺機器をドライバーに渡すだけでいい場合もあります。

 

違約金を確認すること

プロバイダによっては「2年割」を契約している場合は違約金発生に注意しましょう。2年割を契約している場合は、契約した月に解約しないと違約金が発生する仕組みです。

 

2年割の契約をしてない場合は、最低利用期間をチェックしてください。すでに何年も同じプロバイダを使い続けているなら、違約金は発生しない場合が多いです。

 

各社のADSL終了時期

ADSL終了
ADSL終了に不安を感じている方は、各社の終了時期をチェックしてみましょう。各社ではすでに終了しているADSLサービスもあります。

 

so-netアッカADSL終了時期

こちらもADSL回線提供業者であるソフトバンクのACCAサービス終了にともない、提供が終了されています。So-netoアッカ2016年11月30日をもって終了となりました。

 

ニフティアッカは2017年2月28日で、ASAHIネットアッカは2017年2月28日で終了となっています。

 

BIGLOBE ADSL(A)

こちらも旧アッカネットワークスの提供終了により、2017年1月31日によりサービス終了となりました。

 

楽天ADSL終了時期

楽天ブロードバンドのADSLも、新規受け付けを終了しています。終了日は2019年2月28日です。

 

ADSLから他に乗り換えする場合のQ&A

ADSLで使っていたプロバイダを引き継げる?

ADSLが終了して光やWiMAXに乗り換えるなら、今までのプロバイダは解約しなければなりません。Yahoo!BB ADSLからSoftbank Airといった同じソフトバンクグループなら手続きが容易です。

 

ADSLで使っていたメールアドレスは使える?

ADSLのプロバイダで提供されていたメールアドレスは、月額200円~300円くらいの費用を支払うと継続することができます。

 

しかし、Yahoo!BB ADSLからSoftbank Airへの乗り換えはメールアドレスを引き継ぐことができません。Yahoo!BBのメールアドレスを残したいなら、フレッツ光を契約してプロバイダやヤフーBBに指定することで、今までのメールアドレスを残すことができます。

 

プロバイダ提供のメールアドレスに頼っていると、他社への乗り換えが面倒なので、今のうちにGmailのような無料メールサービスに乗り換えることも検討しましょう。

 

乗り換え方法は難しくない?

どのADSLプロバイダも電話サポートが充実しているため、サポートの指示通りに作業を進めていけば大丈夫です。最初にADSLを解約してから、光やWiMAXを契約する流れになります。

 

ADSLの解約日を少し長めにとっておき、解約日に合わせて光やWiMAXを開始できるよう手続きしましょう。

 

固定電話は今まで通り使える?

ADSLを解約しても固定電話は今まで通り使うことができます。しかし光でんわを契約したほうが、毎月の電話代が安くなることもあるでしょう。

 

固定電話で使っているアナログ回線は将来的に廃止される可能性もあるので、今のうちにIP電話に乗り換えておくという考え方もあります。

 

ADSL終了の勧誘電話は気を付けたほうがいい?

NTTが正式にADSLサービスから降りたことを利用し、「ADSLサービス自体がなくなる可能性があるため、〇〇サービスに乗り換えたほうがいいですよ!」とセールスしている業者が登場しています。

 

各プロバイダでは新規申し込みを終了しているだけで、ADSL自体がなくなるというアナウンスは今のところありませんから、業者の口車にうまく乗せられないようにしましょう。

 

  • 早くau光に
  • ソフトバンクAirに

などと営業している例があります。

 

ADSLを提供するソフトバンクがなぜ、ソフトバンクAirをすすめる?と思うかもしれません。実は営業をしている業者はソフトバンク自体ではなく、代理店経由で電話をかけてきているだけです。

 

YahooBBのADSLを利用している顧客データを使い、ソフトバンクAirに乗り換えませんか?とすすめているようです。業者は「ソフトバンクです」と名乗っていますが、本当にソフトバンクが電話をかけているかは疑問でしょう。

 

私の家庭にもかかってきましたが、口調からすると代理店のような感じでした。代理店を通してSoftbank Airに乗り換える必要はなく、直接ソフトバンクのHPで申し込んだほうが安心です。

 

光がエリア外の場合はどうすればいい?

NTTのフレッツADSLサービスは、光が提供されているエリアのみサービスを終了します。光回線が通っていない地域では、今まで通りADSLは使えるため安心してください。

 

とはいっても、フレッツ光の対象エリアは東日本で99%、西日本で93%のシェアのため、光回線が使えない地域はごくわずかです。最終的に2023年にフレッツADSLが終了するまでに、現在光回線が通っていない地域でも開通する可能性があります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加