ADSLが遅いときに私が試した方法

ADSLが遅いときは色々な調査方法がありますので、対処法の詳細を解説していきます。

 

 

スピードテストを実行すること

ADSLが遅いと感じたら、ネットにあるスピードテストを使いましょう。
本当にADSLが遅いのか確かめる必要があります。

 

NTTの基地局から離れているとロスが大きい

NTTの基地局からどのくらい自宅が離れているか調べることで、通信速度のロス問題がどのくらい発生しているかわかります。
ADSLはどうしても基地局からの距離に影響されやすく、信号にノイズが入りやすいためです。
住宅街や一戸建ての種類というより、距離に影響されています。

 

スピードに影響が出るといっても極端に離れていなければADSLが12Mの契約が1Mbps以下に低下しまうことはありません。
それでも確認し距離が関係しているなら、いつADSLでネットに繋いでも低速となり速度は高速にならないでしょう。。
いつでもADSLが遅いなら、伝送損失が大きくADSLをスムーズに利用するのは難しい地域の疑いがあります。

 

電話局の基地局から離れている地域では、残念ですがADSLの通信は遅いままで諦めたほうがいいです。
距離の目安はADSLが1.5Mbpsなら3㎞以内、ADSL[が12Mbpsなら5㎞は欲しいところです。
伝送損失が31デシベル以上になっていれば、ADSLでは速度が遅い原因となりスピードが出にくいと判断できます。
隣近所でアクセスしてADSLの速度が出ているなら他の遅い原因を考えましょう。

 

ADSLのモデムはいったん遅くなるとそのまま維持されてしまう

利用しているADSLのモデムの電源を切ると、転送速度の設定が解除され速度が出ることがあります。
モデムは様々な影響でトラブルや不具合が出やすく、ADSLの速度を遅い設定になる仕組みだからです。
通常ADSLのモデムは電源をつけっぱなしで使用しているため、接続してもインターネット速度が遅いことに気が付かず、そのまま使っていることがあります。
電源を消し、抜き差ししてランプが消え、10分くらい経ってからモデムを再起動させましょう。
すると遅い設定が解除され、速い状況の設定に置き換わり速度が向上してADSLがスムーズに使えるようになります。

 

モジュラージャックが複数あると影響を受けやすい

家庭内にモジュラージャックが複数ある場合、それぞれごとに電話コードを繋いでいると、ADSLの速度に影響を受ける恐れがあります。
電話線はたまにガス、電気、水道の自動検針が繋がっている場合もあるようで、また遠隔検診の影響を受けて遅い場合もあります。
1Fと2Fにモジュラージャックがある場合は、1Fのみに電話をつないでほかのパソコンは無線LANで繋いだほうがよいかもしれません。

 

 

モデムの交換で改善することがある

私はモデムの交換を試して、無事にADSLが遅い状況から解放されました。
今まで使っていたモデルは古くなり、モデムが新しい機種になっていたようです。
古い機種はどうしても不具合が出やすく、長期間同じモデムを使って調子が悪く遅いようなら、プロバイダに交換してくれないか問い合わせしてみましょう。
新しいモデムになっても遅い状況が改善できない場合は、モデムの電源を入れたり切ったりしてみて遅い症状が改善するか確認してください。
それでも遅い状況が変わらないならモデム以外の原因でしょう。

 

 

家電製品のノイズに影響される

家電製品のノイズの影響は、一度影響を受けるとずっと改善してくれません。
冷蔵庫、IH、テレビ、エアコンなど家電製品を導入していると、ノイズを受けてしまい速度が自動的に落ち遅いままになってしまいます。
一度設定されると速度を落とす設定が維持されてしまうため、遅い状況を改善するなら電源を入れなおす必要があります。
我が家でもパソコンとIHの距離が非常に近く(IHの正面にパソコンがある)影響を受けやすかったのかもしれません。

 

ホームセキュリティを設置している場合は、機械を一度止めてみて遅い影響がないか確かめてください。

 

NTT局内でISDNがあると影響がある?

今はネット回線でISDNのアナログ回線を使う人なんかいないと思いますが、急に突然ネット回線が不安定になり遅い状況なら、NTTの基地局内での影響も考えられます。
ADSLとISDNとの相性が悪いみたいで、同一基地局内にあると影響を受けてしまう可能性があります。
遅い場合はNTTに直接問い合わせてみるか、プロバイダ側で対応してくれる場合もあるようですね。
ただし、これはほとんど遅い可能性としては少ないかもしれません。

 

デバイスの不具合でネットが遅くなっている

パソコン、スマホ、携帯電話などのデバイスを長時間電源入れっぱなしにしていると起こる不具合です。
パソコンは毎回シャットダウンすると思いますが、スマホや携帯電話は一度電源を入れたらそのまま使い続けることがあります。
ADSLが遅いと思ったら、スマホを再起動させましょう。
すると簡単にADSLが遅い症状が解消されることがあります。

 

無線LANルーターの問題

家庭でネットを使うとき、Wi-Fi機器を通すことがあります。
パソコンやスマホもWi-Fiから無線LANでつないでいるなら、無線LANルーターの不具合も確認するようにしましょう。
モデムと同様に無線LANも長期間電源を入れっぱなしにすると、不具合が生じやすく遅い原因になりやすいです。
一度電源を落とし再起動してADSLが遅いのが解消されるなら、無線LANルーターの不具合が遅い原因だとわかるでしょう

 

接続ケーブルがノイズの影響を受けている

モジュラーラックからADSL回線をつなぐとき、接続ケーブルを使っています。
壁についているモジュラージャックからスプリッタやモデムが繋がっていると思いますが、その間をつないでいるのが接続ケーブルです。
接続ケーブルはできるだけ短いほうがノイズを拾いにくくなります。
プロバイダから提供された接続ケーブルが長いもので、ケーブルの影響でノイズを拾いADSLが遅い状況になっていることもあるのです。
あまりにも長い接続ケーブルを使っているなら、コジマやヤマダ電機などの家電量販店で、短いモジュラーケーブルを購入することをおすすめします。
また、ケーブル自体が劣化している可能性も遅い原因として考えてください。

 

プロバイダ側の通信障害

プロバイダの通信障害は一次的な問題のため、長期的にADSLが遅い状況となり制限がかかるわけではありません。
業者側の通信機器の不具合が生じている場合、公式サイトに障害要因の情報がアナウンスされています。
不定期にADSLが遅くいようなら、契約しているプロバイダの公式サイトにアクセスし、障害が発生していないか確認してください。

 

帯域が合っていない

ADSLでは通常で周波数の帯域を最大の数値に設定しています。
しかし、伝送による帯域が大きいとノイズが入りやすく、ADSLが遅い原因となります。
プロバイダに連絡すれば、帯域の調節をしてもらえて、変化を感じることもあるでしょう。
ほかに不具合や障害が発生していないことを確認すれば、プロバイダ側も帯域の調節を快く実行してくれるはずです。
帯域は大きいほど通信速度が速くなり、小さい数値にすれば遅くなることは覚えておきましょう。
調整して設定を変える場合はノイズの影響を受けているときだけ有効で、遅い場合の最終手段です。

 

スペックが低いパソコンの影響

パソコンが古すぎると、ADSLに対応できないスペックとなっている可能性があります。
スペックが低いパソコンは動作が遅く、CPUやメモリに負担をかけているためです。
古いパソコンを使い続けるなら、起動するソフトは常駐させないようにしましょう。
一番は新しいパソコンに買い替え、遅い状況を改善することです。

 

セキュリティソフトが重くなっている

セキュリティソフトによっては動作が重く、ADSLの性能を十分に発揮できません。
古いセキュリティソフトを使ったままだと、動作が遅い場合があるため注意が必要です。
ソフトを更新して最新にするか、新しいソフトに買い替えましょう。
また、アンチウイルスの影響を受けると速度が遅い状況になることもあるため、一度パソコン内を全スキャンするのもおススメです。

 

ADSLを速くする対処方法

ADSLが遅い
具体的にADSLを速くする対策を紹介します。
多少の手間が必要なものから、手っ取り早く遅い状況を解消できる方法もあります。
解消法によるメリットを確認しながら、快適なインターネット生活を手に入れてみましょう。

 

ADSLのプランを変更する

ADSLには8Mbpsや12Mbps、26Mbps、50Mbpsなどプランがあります。
8MbpsではADSLが遅いと感じることもあります。

 

契約内容を角にして現在数値の小さいプランに加入しているなら、数値が大きいプランに見なおすことでADSLは速くなるでしょう。
ただし、契約を変えると料金が高くなるため注意が必要です。
ADSLを速いプランに手続きするくらいなら、WiMAXのような携帯できる通信機器や、Softbank Airのように家庭に設置する無線LANのほうがいいかもしれません。

 

スプリッタやモデムを交換してもらう

プロバイダからレンタルして使てっているスプリッタやモデムは故障している場合もあるため、長期間経っているならプロバイダに連絡して交換してもらうとよいでしょう。
接続機器は使い続けると故障しやすく、消耗品だと考えてください。
長い間レンタルし続けていれば、新しいものに交換してもらう費用は支払っているはずです。
交換してもらうときには、スプリッタやモデムの返却を忘れないでください。

 

プロバイダを変えてみる

ADSLはプロバイダの事業者によって速度が違うことがあります。
使っているサーバーに違いがあるためで評価の高いプロバイダに変えましょう。
「ADSL遅い」と評判が悪いプロバイダだと遅くなっている可能性があります。
他社のプロバイダの乗り換えをするなら、解約料や新しい契約料なども確認しましょう。

 

ただし、基地局から遠い、接続機器の問題がADSLが遅い問題なら、プロバイダを変えてもADSLが遅い本当の解決策にはなりません。
また、ADSLを提供する会社自体が減っているため申し込みできるところは少なく、乗り換えの選択肢は少ないです。

 

光への乗り換え

ADSLのサービスはどんどん縮小される傾向にありますから、ADSLが遅いなら光回線サービスへの乗り換えも検討しましょう。
いろいろと対策してもADSLが遅い問題が解消されないときは、「速度が速い」と評判の光に変える方法もあります。
もともとADSLより光は速度が早く作られているため、改善しやすいでしょう。
ADSLは50Mbpsまでが最高速度なのに対し、光は1Gbpsの対応です。

 

光は、フレッツ光、Softbank光、ドコモ光、NURO光、au光など種類があります。
ソフトバンクやドコモ、Yahoo!BB、エレコム、イー・アクセス、@niftyなどは光コラボ商品です。
光回線はNTT東日本やNTT西日本が所有し、他社に回線を貸しています。
工事費が無料のところや、キャッシュバックがあるところなどを選ぶと、乗り換え費用を安くすることができます。
ほかにも固定電話の電話回線を止めてひかり電話にする方法や、携帯電話の割引が利用できるスマートバリューなどで月額料金を安くするプランもあるため検討してみましょう。

 

光回線のデメリットは月々の金額の高さで、費用に見合う使い方をしている方におススメです。
オンラインゲームや、高画質のHD画像を使ったNetflixやHulu、NHKオンデマンドを視聴する方に向いています。

 

WiMAXへの乗り換え

ADSLが遅いと感じても光ほどの通信速度が要らないなら、工事が不要でデータ通信量に影響されず使い放題となるWiMAXやSoftbank Airを検討してみましょう。
Wi-Fi機器を借りるタイプで、持ち運び型のWiFiがWiMAXで、家庭にWi-Fiルータを設置する専用のものがSoftbank Airです。
料金はADSL<WiMAXやSoftbank Air<光の順番で高くなります。
加入すればADSLよりは月額料金が値上がりする可能性が高いですが、光より費用が安くコストは低くなるでしょう。
それぞれの価値から毎月かかる使用量を比較する必要があります。

 

速度は350~700Mbps程度となり、ADSLより速いと感じられるはずです。
ただし、光よりは遅くなるのがデメリットのため、オンラインゲームをする方や、証券会社で株取引やFXのデイトレをしていて速度が必要な場合は遅いと感じる可能性があります。
ホームページをネットサーフィンする閲覧やYouTubeの動画サイトを見る程度ならストレスは少なく、WiMAXでも十分活用できます。
WiMAXのようなWi-Fi機器は、時間帯によって通信が混み合い、接続が遅くなることもあるため注意しましょう。
Wi-Fiは持ち運びできるのがメリットで、モバイルルーターと呼ばれるものです。
室内で使うと電波の影響で回線が遅くなることもあります。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加